フォローする

ショップデザインの流れ まず大まかな概念の理解

Goodsieでのショップデザインのイメージはこちらでご確認ください。テンプレートから制作し、カスタマイズしていく制作方法をイメージしていただくことができるかと思います。 

 

この動画の流れをイメージして頂いた上でまずご理解いただきたいこととして、とても重要な概念が「3つ」があります。

 

<Goodsieサイトデザインのポイント3つ>

①デザインパネル:サイトデザインをここで行います。

②行と列によるレイアウト:縦横の関係で下書きします。

③コンテンツのドラッグ&ドロップ:必要な機能をコンテンツ化しています。

 

      
 サイトデザインを行うパネルです。 コンテンツには、ネットショップに必要な機能がアイコン化されています。

 

 縦横にページを区切って下書きをします。縦横に区切って作成したエリアを「カラム」と呼びます。 

 

ネットショップに必要な機能がコンテンツ化されています。
例えば、商品一覧・バナー・テキスト・スライドショー・ナビゲーションなど。
上記で作成したエリア「カラム」へドラッグ&ドロップすることでその機能が生成されます。

 

以上を含めた大雑把な概念としては

√ 白紙のページに、行と列を使って下書きする

√ 下書きした骨組みに対して、それぞれに必要なコンテンツを投げ込む

√ 投げ込んだコンテンツに画像を指定するなど、詳細設定を加える

 

こんな流れでサイトデザインを行っていきます。

イメージとしては、エクセルっぽい下書きに、パワーポイントっぽく素材を追加していく。
そんな流れになります。

別章にて、上記の詳細に関する操作方法をご紹介していきます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk